みぎわ「保育は子どものために、保育園は保護者のために、法人は地域のために」社会福祉法人美樹和会

みぎわの歴史を今後の歩み(1978年当時の桃山町の写真/中央の樹木がある場所がみぎわ保育園)

みぎわの歴史と今後の歩み社会福祉法人美樹和会 理事長 塩谷 索

2018年4月、美樹和会は新たに2つの保育園を開園しました。ひとつは、医療法人清水会等と連携し、旧・京都伏見しみず病院(近鉄伏見駅付近)をリフォームした「清水みぎわ保育園」。医療・看護・介護に携わる方々を中心に、地域の保護者の方にもご利用いただける保育園であり、20時までの長時間保育や病後児保育も行っています。

もうひとつは、八幡市の運送会社、株式会社吉秀トラフィック等と連携した「吉秀みぎわ保育園」。ドライバーや事務員の方が安心してお子様を預け、仕事と子育ての両立をできればとの思いで開園しました。京田辺市、久御山町、枚方市など近隣の方にも門戸を開いています。

振り返れば、美樹和会がはじめての園「みぎわ保育園」を開園したのは1978年のことでした。ちょうどその頃、桃山南団地や桃山第二住宅が開発され、子育て世帯が多く入居したことを受け、まだ原野だった土地に園舎を建てて、みぎわの歴史が始まったのです。あれから40年、みぎわ保育園は地域の皆様に支えられながら、保育を行ってきました。その経験を活かし、京都の子育てニーズの拡大と多様化に応えるため、2014年の中京みぎわ保育ルーム、2016年の中京みぎわ園、そして2018年の清水、𠮷秀みぎわ保育園を開園したのです。

みぎわの保育の原点

初代園長・塩谷いく子は、終戦直後から小・中学校教諭、幼稚園教諭、保母(当時の保育士の呼称)としての教育・保育経験を重ねてきました。そのなかで培われた方針「保育園では、めいっぱい遊び、おいしい給食をたくさん食べ、ぐっすり眠ること」を、みぎわの保育の基礎と定めました。何かを教え込むのではなく、子どもたちが自ずと身のまわりの事物に興味を抱くような環境を設け、その関心を自然に引き出せるようなかかわりを保母は心がけてきました。

「同じ園の仲間とめいっぱい楽しく過ごした子どもたちは、人とともに過ごす楽しさや喜び、相手と協力し合うことを自然と学び、また自分の興味関心を存分に追求できた経験から集中力も養われる。みぎわを卒園し、小学校に進学しても、保育園で自由闊達に過ごした経験は必ずその子の人生にとり、かけがえのない財産、強固な礎(いしずえ)になる。」こうした信念をもって、みぎわは1970年代から保育を行ってきたのです。

▲みぎわ保育園の建設予定地(1977年)。当時は未開発の原野でした。園庭にいまでも聳えるスズカケの木があります。
▲建設予定地で祈祷する初代理事長・小野一郎(写真左端)現会長の塩谷和美(左から2番目)初代園長の塩谷いく子(故人・写真中央)。
▲完成直後の園庭と園舎(1978年)
▲園庭でさつまいも掘りをする園児たち(1979年)

園を保護者、地域の方々の憩いの場に

みぎわ保育園に今でもある大きなロビーは、70・80年代当時、お迎えに来られた保護者の方が、他の保護者とくつろいで話したり、保母とざっくばらんに懇談したりという相互交流の場になっていました。「保育園は子どもだけではなく、保護者にとっても憩いの場にしたい」という思いがあって、そうした場所や機会を設けていたのです。 ※美樹和会の設立精神でもある「憩いのみぎわ」は、聖書の『主はわが牧者なり、われ乏しきことあらじ。主はわれをみどりの野にふさせ、いこいのみぎわにともないたもう』(詩篇23篇)という言葉に由来しています(この広報誌の名前の由来も同じです)。

現在、美樹和会には6施設があり、それぞれ物理的な環境は異なるものの、お迎え等で来られた保護者の方同士の交流や、担当保育士等とのコミュニケーションが密にできるような工夫をこれから、各園で施していきたいと考えています。かつ、行事を通じた保護者の方、地域の方とのつながりを、これからも深めていければと願っています。

▲当時のロビーのすがた(1979年)
▲当時の図書コーナー(1979年)
▲当時の運動会の様子(1979年)
▲当時の運動会の様子(1979年)

多様な子育てニーズに応えるべく新たな分野への支援も拡大

改めて振り返ると、法人設立から今年で40年が経ちました。この間、時代は大きく変わりましたが、みぎわの保育の原点は変わりません。保育園は、まず子どもたちにとって安心できる場所であること、毎日楽しく過ごせる場所であること、そして、職員はひとりひとりの子どもの欲求や思いに寄り添い、その子のもつ可能性を信じ、伸ばしていくこと。これらを基本として、子どもたちの主体性を重んじ、そして子どもどうしの生き生きとした関わりが生まれるような保育を、これからも行っていきます。

また、保護者の方々にとって、子育て期間の初期(乳幼児期)が充実した時間となるよう、みぎわとして最大限の支援を心がけます。日々のコミュニケーションを基本としつつ、①子育て講座の実施、子育て情報の発信、②みぎわの言語聴覚士、臨床心理士による発達に関する専門的な相談、障害児保育ならびに日常保育内容の改善、③みぎわの正看護師による病後児保育、体調不良児保育など、新たな分野の支援にも力を入れていく方針です。

保護者の皆様、地域の皆様には、引き続きみぎわの保育・運営に、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

▲当時の園舎、園庭のすがた(1978年
▲現在の園舎、園庭の姿(2017年)
▲現在のみぎわ保育園での保育の様子(2016年)
▲現在のみぎわ保育園の運動会(2017年)

トップページへ