保育方針について

いつの時代も一貫して質の高い保育を

主はわが牧者なり、われ乏しきことあらじ。
主はわれをみどりの野にふさせ、
いこいのみぎわにともないたもう※新約聖書 詩篇23篇

社会福祉法人美樹和(みぎわ)会は、聖書のこのことばを設立の精神として、1977年に京都伏見の地に誕生しました。
1978年のみぎわ保育園の開園以来、みぎわ児童館(1981年開館)、中京みぎわ保育ルーム(2014年開園)、中京みぎわ園(2016年開園)、清水みぎわ保育園(2018年開園)、𠮷秀みぎわ保育園(2018年開園)、朱雀みぎわ学童保育所( 2021年開所)の7施設で、多くの子どもたちの成長を支えてきました。

▲みぎわ保育園 運動会の様子(1979年)

法人設立から40年以上が経過し、この間、時代は大きく変わりましたが、みぎわの保育の原点は変わりません。保育園はまず子どもたちにとって安心できる場所であること、毎日を楽しく過ごせること、そして、職員は一人ひとりの子どもの欲求や思いに寄り添い、その子のもつ可能性を信じ、伸ばしていくこと。子どもたちの主体性を重んじ、子どもどうしの生き生きとした関わりが生まれるような保育をこれからも行っていきます。

時代は変化しても、
変わらないみぎわの保育の根幹

遊びひとすじみぎわっこ 子どもはみんな一番星
遊びひとすじみぎわっこ 子どもはみんな一番星

乳児保育

自分が大切にされることで
人を大切にできるよう

乳児期に子どもが保育士と愛着関係を築き、「自分は愛されている。必要とされている」と実感できるような保育を行っています。自分が大切にされることで、子どもたちの自己肯定感や他者を信頼する力、つまり「人と関わる力の基礎」が育まれていくのです。子どもには特定の保育士が担当として付きます。担当保育士は、子どもの様子や発達段階を考慮しながら、励ましつつ、その子のペースでひとつひとつできることを増やすよう丁寧に関わっていきます。『よく遊び、よく食べて、よく眠る』という生活の基本となる習慣を身に付けることができる保育を行います。

食事

子どもの「食べたい」という意欲を大切にしながら、担当保育士が必要な介助を行います。歩行が確立するまでは保育士と子どもが1対1で「だっこ食べ」を行い、成長にともなって1対2、1対3と仲間との食事を楽しめるようにしていきます。

着脱・排泄

生活習慣の確立をめざす一環として、担当保育士が子どもたちの衣服の着脱場面で、適切な介助を行います。排泄については、歩行が可能になってくるタイミングで、便座に座ってみることを担当保育士が促します。1歳児以降は、ご家庭と連携しつつ、個々の発達に合わせながらトレーニングパンツの使用を始めていきます。

睡眠

子どもたちが安心して眠りに入れるよう、担当保育士が寝かしつけを行います。お昼寝は子どもたちの体力を回復させ、午後の活動につなげていくための大切な時間。睡眠中は保育士がしっかりと見守り、安全を確保します。

遊び

遊びに関しては、一人ひとりを大切にするというねらいをもって、少人数に分かれ、個々が遊びに集中できる環境をつくりあげています。かつ、保育園という集団で遊べる環境を活かすため、担当保育士だけでなくいろんな友達や大人と遊べるような関わりも目指しています。

幼児保育

支え支えられることで
子どもは育つ

子どもたちはそれぞれの人生のなかで、いろいろな課題に向き合っていきます。子どもたちが向き合う課題を山にたとえるなら、山を目の前にしたとき、それを自分で登っていこうとする力が欠かせません。自分のことを信頼し、仲間の助けを得て、一歩一歩、未来に向かって歩む力。みぎわの幼児組では、こうした思いから、子どもたちの自主性や考える力を育むことを目指します。そして、乳児期に培った「人と関わる力」をさらに伸ばすため、子どもたち同士の関わりのなかで、支え、支えられる体験を多く積めるよう、同年齢だけでなく異年齢での活動も多く採り入れています。

自分で考えられる力を身につけられるよう

幼児クラスでは、子どもたちの自主性や考える力を育むことを目指します。同年齢の子どもどうしの活動では、思い切り遊び込むこと、お互い切磋琢磨する関係を築くことを目指しています。子どもたちの「やってみたい!知りたい!」という好奇心を満たすため、さまざまな体験を日々味わうことのできる保育を行っています。

困っている人に手を差し伸べられるよう

同年齢での活動に加え、3~5歳児の子どもたちが異年齢で活動する機会を設けています。異年齢保育では、年長の子どもが年少の子どもにとってのお手本となる姿がよく見られます。
年少の子どもは年長の子どもに、困ったとき助けてもらったり、教えてもらったりという経験を通じて成長していくもの。そしてその子どもが年長になったとき、今度は自分が年少の子どもに手を差し伸べることができるようなります。支えられる経験をすることで、誰かを支えることができるようになるのです。

年間行事

今日が楽しみでわくわくして
寝れなかった!

みぎわが行事で大切にしていること。
それは、子どもたちが当日を心待ちにするような楽しい行事をつくること。

毎日の保育のなかで、子どもたちはどんどん成長していきます。行事は、その成長した姿を発揮できる一大イベント。遠足ではどんなところに行きたいか、運動会でどんな競技をしたいか、生活発表会ではどんな劇をしたいかなど、行事の企画には子どもたちも関わります。年長を中心にたくさんの意見を出す子どもたち。日常保育のなかでいっしょに行事を企画していくと、その期待感はどんどんふくらんでいきます。
そうして迎えた行事の当日。子どもたちは全力で楽しみます。自分たちが参加して作り上げた行事をやり遂げたときの達成感が、さらなる成長につながっていくのです。

お泊り保育 運動会 クリスマス会 生活発表会
お泊り保育 運動会 クリスマス会 生活発表会

病後児保育

どんな時も一人ひとりに
寄り添って

子どもたちは、その成長の過程で、風邪をひいたり感染症にかかったりすることがあります。そのようなときみぎわでは、看護師が付き添うことで子どもが安心して休むことのできる環境をつくります。保護者の方がどうしてもお仕事を休めないときや、子どもが急に体調を崩しても、すぐにお迎えを行うことが難しいときの子育て支援として「病後児保育」「体調不良児保育」を行っています。

現在、みぎわグループのなかで、清水みぎわ保育園と𠮷秀みぎわ保育園の2園でこの取組みを行っています(清水みぎわ保育園では「病後児保育」と「体調不良時保育」を、𠮷秀みぎわ保育園では「体調不良児保育」を実施)。また、みぎわ保育園、中京みぎわ園、中京みぎわ保育ルーム、𠮷秀みぎわ保育園の子どもたちも、清水みぎわ保育園での病後児保育を利用することができます。

病後児保育

回復期(※)の子どもたちは、看護師のケアのもと安静に過ごします。そのようななかでも、子どもたちの遊びへの欲求や好奇心は尽きません。体調を見ながら、無理ない範囲で年齢に応じた室内遊びができるよう、子どもの一日が少しでも輝くものになるよう、工夫を凝らしています。

※「回復期」...医療機関による入院加療の必要性はないが、安静の確保に配慮する必要があり、集団生活が困難な状態の時期。

体調不良児保育

子どもの突然の体調不良はよくあることです。お仕事の関係などで、すぐにお迎えにお越しになることが難しいときもあるでしょう。そうしたとき、いつも保育に携わっている顔なじみの看護師が子どもをしっかり見守ります。

ページトップ