炭山みぎわビレッジ 〜みぎわの山の家〜

自然のなかで子どもたちは育つ

炭山は、京都府宇治市にある山あいの静かな里。
陶芸の里として有名で、京焼や清水焼の陶房が軒を並べるこの地は、鴨長明の『方丈記』にも登場します。
『方丈記』といえば「行く川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず」という一説が有名ですが、「これよりみねつづき、すみ山(炭山)をこえ、かさとり(笠取)をすぎ、或は石間(岩間寺)にまう(詣)で、或は石山(石山寺)ををがむ」と、炭山の名前も記されています。

この地に生まれる「炭山みぎわビレッジ」は約4000㎡(1300坪ほど)の広さ。子どもたちは野原を駆け回って遊んだり、草に寝転がって空にうかぶ雲をながめたり、はたまたバッタやカマキリを追いかけたり、隣を流れる小川でサワガニをつかまえたりと、自然遊びを心ゆくまで楽しむことができます。

「山の家」も2022年冬に完成予定で、子どもたちが室内で創作活動を行うほか、宿泊もできる施設になります。
お泊まり保育の際には、子どもたちが菜園で育てた野菜を収穫して、炊事場で夕食を作り、川沿いでキャンプファイアーをしてから、虫の声や川のせせらぎとともに眠りにつきます。

このように自然豊かな炭山ですが、みぎわ保育園から車で20分、中京みぎわ園から50分の距離にあり、日常的に訪問しやすいのが利点です。行事以外でも法人のマイクロバスで頻繁に訪れ、子どもたちが自然のなかでの遊びを思う存分展開できるようにします。

普段通う園舎や園庭という環境に加えて、子どもたちのもうひとつの育ちの場所となる「炭山みぎわビレッジ」計画は、今後どんどん完成に向かって進んでいきます。その様子をこのページで随時お伝えしていきますので、ぜひお楽しみに。

炭山みぎわビレッジ完成予想スケッチ

管理人紹介

管理人(計3名)

  • 村長1名
  • 副村長2名
  • 村長塩谷 索
  • 副村長関谷 裕
  • 副村長関谷 奈月

基本情報

  • 住所〒601-1395 京都府宇治市炭山土井谷9-1.10.11
  • みぎわ保育園・みぎわ児童館より車で20分
  • 清水みぎわ保育園より車で32分
  • 𠮷秀みぎわ保育園より車で36分
  • 朱雀みぎわ学童保育所より車で48分
  • 中京みぎわ園より車で50分
  • 中京みぎわ保育ルームより車で50分
ページトップ